いざという時に備えは大事です。

車の事故は起こしたくて起こす人はいませんが、特に冬の雪道などは起こしたくなくても色々なことが起こる可能性は高くなります。

当然そういった場合に備えておくというのは大事な事です。そういった場合に備えてスペアタイヤというものがありJAFというものや会社があるのですが、車に乗る際はお金がないからと備えないのは車のハンドルを握る者にとっては余計な出費を増やす結果になりかねないのです。

でも、あれもこれもと備えると出費も増えます。キリがないのが保険などの補償でしょうが、使い方を知らなければ意味がありません、当たり前の事と思いますが、意外と忘れている人もいるのではないでしょうか。

自分の入っている補償内容は確認しておきましょう、万が一になってからでは遅いのです。自動車保険には加入が義務付けられている自賠責保険の他に、自分が自由に加入する任意保険があります。

任意だからと入らなくてもいいという訳ではなく、万が一事故を起こしてしまっても大きなお金の出費により貧乏になってしまわないよう最低限でも任意保険は付けておくようにしましょう。

任意の自動車保険には7つの基本タイプがあり一般的な自動車保険は、それらの組み合わせによってできています。それぞれの補償ですが対人・対物賠償は「無制限」にするのが基本です。

自動車事故で賠償責任を負った場合に賠償額が高額になってしまう事がある為で他人にケガをさせてしまったりしたら場合によっては治療費や慰謝料で数億円に及ぶ賠償になってしまう事も考えられます。自動車保険の補償のうち対人・対物保証は最も重視するべきものだといえます。

最低限でもそれだけの補償は付けて置き、その他の補償に関しては人によってつけておくのもいいといった感じです。補償内容を手厚くすれば保険料というのは高くなっていきますが、車両保険などは付けるかつけないか迷われる方も多いと思われますが、車が新車で傷もつけたくないような場合の車であるのなら加入しておいた方が良いです。

たとえ傷がつけられたとしても車両保険を使ってなおしてもらえるからで、もう古くなって多少の傷ぐらいどうでもいい様な感じになった場合は車両保険を見直しの時に外してしまうのもいいかもしれません。

たとえ保険に入っていても内容を知らなかったがために自分の貯金を使ってなおしちゃったという方もまれにいるのではないでしょうか、ちゃんと補償内容を確認しておくのは大事な事です。

ちなみに私は車のドアに駐車中に思いっきり大きな傷をつけられたことが事がありましたが車両保険に入っていたおかげでドアが新品になりました。

それがなかったら今頃10万位の出費になっていたことでしょう、何かあった時には保険の相談員に相談してみましょう。それと事前に保険会社の連絡先などは確認しておき、いざという時困らないようにしておいた方が懸命です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です